MH newsletter December 2010

                                                      No.2 / December 17, 2010




Eurosport Asia-Pacific 日本支店 幹部人事異動のお知らせ



       本年11月末をもち、Eurosport Asia-Pacific 地域統括営業本部長、兼 日本支店長として、日本常駐であったGuillaume Canard-Duchene 氏が、Eurosport U.K. の長として転出いたしました。 後任として Mr. Nicolas Colinos が Eurosport Asia-Pacific 本社(香港)より、Eurosport Asia-Pacific 日本支店長として就任いたしました。

       Colinos 氏は、以前、Eurosport パリ本社勤務時代に日本担当の経験を有し、今回の日本支店長兼、韓国の地域担当営業本部長としての任を受け、日本市場に関しては、弊社メディアハウスTV営業部と従来通り一丸となり、より一層業務に励む所存でございます。 何卒、倍旧のご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
     
        Colinos 氏から皆様へのご挨拶でございます。

Dear Sir/Madame

After 4 years in Hong Kong, it’s with great pleasure that I accepted to move to Tokyo to look after North Asia.
It is a very exciting professional challenge and I am looking forward to work with Japanese clients and agencies and carry their brand message to European homes.
On a personal level, I am thrilled to have the chance to experience the Japanese lifestyle and culture.

With best regards

Nicolas Colinos
Commercial Director
Eurosport Asia-Pacific Ltd.








National Geographic Society 役員人事のお知らせ


        この度 National Geographic Society から発表があり、日本市場と関係の深いSVP & International Publisher のMr. Declan Moore が本年12月15日付で Executive Vice President of National Geographic Society & President of Magazine Group に就任することになりました。
       今後はSociety のEVPとして、National Geographic Magazine を始めとするSociety 発行の雑誌、書籍、外国語版雑誌・書籍など、全ての出版事業を統括いたします。 なお、前任者の John Griffin 氏は同日付で退任を致します。
       Moore 氏は15年にわたり、National Geographic Magazine の国際広告統括責任者、またSociety 発行出版物全ての国際統括責任者などを歴任してまいりました。
       今後はより一層職務に励む所存と申しておりますので、何卒従前に変わらぬご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。








     National Geographic
年間特別シリーズ 「7 Billion」のお知らせ

       National Geographic では2011年、一年を通じて世界の人口問題を考えるシリーズ「7 Billion」 を実施いたします。この半世紀の間に世界の人口は2倍になり、2011年には70億人に到達するといわれています。 そして今世紀半ばには90億人になると言われています。 National Geographic では事実に基づき、総力を挙げて様々な分野から人口問題をリポートいたします。 National Geographic Society (NGS) が掲げる 「to inspire people to care about the planet」 のミッションの下、多くの人々に現状をありのまま伝え、人々が未来に向けて一歩踏み出すことを目指すものです。

◆ January : People Planet - 7 Billion in 2011
     シリーズの導入となるイントロダクションストーリー。 人口問題の歴史と世界が直面している危機について。

◆ March : Earth’s Burden
   < The Era of Man >
      地球の生物圏における人新世(産業革命後の地球環境変動期)について。
   < Ocean Acidification >
      大気中のCO2削減は既に叫ばれているが、この問題は海洋にも影響を及ぼしている。 海洋の酸性化についてのリポート。

◆ May : Adapting to Environmental Change
   < Bangladesh : Human Crucible, Harbinger of the Future >
      最も人口密度の高い国バングラディシュ。 また、海水面の上昇や融氷による河川の氾濫等で洪水の被害が甚大。 バングラディシュの現状を知ることで未来に向けて環境問題を考える。

◆ July : Food Security
   < Limits to Food Production >
      半世紀前、米や小麦の大量生産が可能になり (Green Revolution) 多くの人々を飢餓から救った。 しかし今、毎年8千万人ずつ増加し、7人に1人が飢餓状態である。 第二次Green Revolution についてリポート。
   < Saving Heirloom Breeds and Seeds >
      地球温暖化の結果、作物の発育環境も変化しつつある。遺伝的なレベルからの農作物や酪農における、様々な環境に強い品種開発が急がれる。

◆ September : Girl Power
   < The Rise of Girls and Women : Spotlight on Brazil >
      未来への明るい展望もある。 今はまさに「女子」の時代である。 地欧から都会への進出、学校教育の機会、教育を受けた女性達の経済的自立・・・。 ブラジルの女性達を例に、女性のパワーがもたらす効果をリポート。

◆ November : Saving Biodiversity
   < What Room for Nature?  Spotlight on Africa’s Albertine Rift >
      人口増加は地球上における人間の到達範囲を大きく広げていった。 多様性に富む”自然”はもうどこにもないのか。 人間は立ち止まり多様性を取り戻せるのか。 最も豊かな自然の一つである、アフリカのアルバーティーン地溝地域を例にその多様性を探る。

◆ December : Urban World
   < The Sustainable Crowd >
      地球上の人口の半数は都市に暮らし、2050年にはその比率は7割に上ると言われている。 人類はこのバランスを保って生きていけるのか、いかに負荷を軽減できるのか、どこからエネルギーを得、どのように食料を調達するのか・・・。 いくつかの例を通じて考察する。

(編集内容は予告無しに変更になる場合があります。)

       National Geographic 初の年間シリーズである 「7 Billion」 では本編とは別に6回にわたり3ページGatefold をマガジン前方のコラムで実施いたします。 NGS の誇る緻密な地図やイラストで、わかりやすく人口問題の各テーマに沿った内容で解説します。

 March :  Technology
 May :  Transportation/Moving Goods
 July :  Feeding the Planet
 September :  World Health
 November :  Biodiversity
 December :  The Growth of Cities

        上記Gatefold の前後3ページ分の広告特別スペースやnationalgeographic.com の 「7 Billion」 関連サイトでの広告等、様々な機会をご提供しております。

       お問い合わせはこちらまでお願いいたします。


     






Global Traveler ~ 「GT Tested」調査


       米国のビジネストラベル誌 Global Traveler では、読者を対象にした調査 「GT Tested」 を実施いたしました。
       この調査はビジネストリップに関する"Best" を問うもので、エアラインやホテル他、出張に関係する61項目におよぶ質問(例えば「世界のエアラインでベストだと思うのはどこか?」等)に対して、回答者が自分のベストを記入するものです。調査期間は2010年1月~8月、回答は、Global Traveler に綴じ込まれている記入用紙への記載、ダイレクトメールによる回答表送付、オンラインによります。
       Global Traveler は国内・海外へ頻繁に出張する米国のビジネストラベラーの情報誌で、読者は平均年間14回の海外、16回の国内出張をし、31% がファーストクラス、64% がビジネスクラスを利用しています。パスポート保有率はほぼ100%です。「GT Tested」の主なカテゴリーにおけるベスト3は下記の通りです。


 ・Best Airline in the World :  1. Singapore Airlines  2. Korean Air  3. British Airways
 ・Best Airport in the World :  1. Seoul Incheon  2. Singapore Changi  3. Amsterdam Schiphol
 ・Best Airline Alliance :  1. One World   2. SkyTeam  3. Star Alliance
 ・Best International Hotel :  1. Chain Park Hyatt  2. Four Seasons  3. Intercontinental
 ・Best Travel Gadget :  1. Garmin  2. Sony Reader   3. Kindle Reader

      
調査の詳細をご希望の方はこちらまでご連絡下さい。








AFCアジアカップ カタール2011(サッカー)



       この度、Eurosport では4年に一度の国別対抗でアジアの最高峰の座を競う 「AFCアジアカップ カタール2011」のLIVE 放映権を獲得いたしました。
近年の日本人選手のめざましい活躍やアジアサッカー界の飛躍的な成長に伴い、幅広い年齢層から支持を得た結果、今回の放映権獲得に至りました。
       本大会は、1月7日~1月30日、Eurosport と Eurosport 2部にてLIVE やハイライトなど、様々な放送形態で番組をお届けします。








UEFA Euro2012(サッカー)予選



       2012年6月8日~7月1日、ヨーロッパ各国の代表チームによって争われるUEFA Euro2012 がポーランドとウクライナで共同開催されます。 Eurosport では引き続き2011年を通して、 本戦に向けた「UEFA Euro2012予選」をハイライト形式で放映予定です。
        ハイライト番組の所要時間は異なりますが、約10分~60分番組まで様な種類を放送予定です。 各番組の提供、同番組内でのCMスポットキャンペーンなどの各種広告パッケージをご用意しております。

※ 本戦の放映権は現在確認中です。









  お問い合わせは 株式会社メディアハウス information@mediahs.com
TEL : 03-3222-7811


  メディアハウス取り扱い主要媒体一覧はこちら


Copyright (C) 2010 Mediahouse Inc. All Rights Reserved.